昆虫界の暗殺者カマキリは臭いカメムシを食べる?

早朝、新聞をとるために玄関を開けて外に出た。

湿気と熱気が足元から顔面へムワぁ!っと湧いてくる。

『クソッ、今日も暑い一日になりそうだ・・・。』

と一日のスタートから愚痴っぽくなる(汗)。

その時、ヒュンッ!と私の足元で何かが動く気配を感じた。

気のせいだろうか、いつもの蚊じゃないだろうか、それともゴキブリか!?

ゆっくりとスローモーションでその場にしゃがみ込み、頭は動かさず目線だけで辺りを観察する。

ん(゚Д゚ )!?

生きものの影が揺らめく様子

生きものの影が揺らめく様子

朝日の逆光で影になる黒い物体が、

ゆ~らゆ~ら・・・

と揺れている。

さらに近づいてみると・・・

(/´Д`)/か、かか、カマキリ!?

周囲の変化に気付いたカマキリ

周囲の変化に気付いたカマキリ

シャッ!と身構えて臨戦態勢に入るカマキリはサイズは小さいから多分、子どもなんだろうと思われる。

三角形の頭の両端に大きく配置された目の中の黒目がカメラを追っかけてくる(笑)。

名前の由来はウィキペディアによると、こうらしい。

名前の由来については、「鎌切」という表記があることからわかるように、「鎌で切る」から「鎌切り」となったという説と、「カマキリ」は、「鎌を持つキリギリス」の意味で、この「キリ」はヤブキリ、クサキリ、ササキリなどのキリギリスの仲間の名にふくまれる「キリ」と同じであるという説とがある。

カマキリの身体の色と植物・葉があまりにも同化し過ぎていて見逃すところでした(笑)。

いやぁ、いくら獰猛なカマキリでもこうやって身を隠さないと鳥などの天敵から逃れられないのだと実感。しかし、私からは逃げられませんよ。

生暖かさを感じて動揺するカマキリ

生暖かさを感じて動揺するカマキリ

前足?いや、前脚と書くようだ。武器でもある鋭いトゲ・刃を備えた2本の脚で人間を威嚇するカマキリ

まるでボクサーが対戦相手を牽制するかのように体を左右に揺らしながら触覚でも空気の振動を感知している!?

生暖かさを感じて動揺するカマキリ

生暖かさを感じて動揺するカマキリ

「オウオウオウッ(怒)!」

「オイラは天下のカマキリだぞ!昆虫界の暗殺者!虫界一の暴君!とまで呼ばれるほど危険なんだぜ!

たとえ身体が小さくてもお前等、人間には負けねえぜ!だからそれ以上、自分に近づくと怪我するぜぇ!」

まるでそう訴えるような雰囲気で2つの鎌でカメラに向かって威嚇するカマキリ・・・。

動きが止まった瞬間を狙い・・・

生暖かい肉の塊がカマキリに接近する・・・

つまり、

シュババッ!と背後から襲いかかる!

人間の捕獲されて暴れるカマキリ

人間の捕獲されて暴れるカマキリ

「ふぇ( ´Д`)!?」

弱点!?の背中側から掴まれて明らかに動揺するカマキリ!

慌てふためいて首を激しくクネラせて鎌を交互にバタつかせている。

「ちょちょ、タンマ!一旦、落ち着こうッ!ね、いやぁ人間よ、ちょいと卑怯過ぎるぜぇ!?」

スポンサーリンク

虫カゴの中で餌を美味しそうに頬張るカマキリ

虫カゴに監禁されたカマキリ

虫カゴに監禁されたカマキリ

早速、捕まえたカマキリを虫カゴに引っ越し。

突然の環境の変化に戸惑うカマキリ。

しかし、近くから観察するとよくわかるが、頭の形がゴキブリにそっくり。

近縁だというのも納得です。

無機質な空間に違和感を感じる様子

無機質な空間に違和感を感じる様子

下からのアングルでカマキリを観察する。視野が広いようで、カメラを睨みつける。自分が下から覗かれていると認識しているみたい。

カマキリはゴキブリを食べる!?

という個人的で素朴なギモンを確かめるために捕まえたカマキリ。

しかし、機会がなくてゴキブリ捕獲を失敗し続ける日々。

2,3日が経過したところでカマキリに餌を与えてみた。

そのエサとは、私の部屋に侵入した虫、カメムシ(笑)。

餌にカメムシを与えた瞬間

餌にカメムシを与えた瞬間

虫カゴの中にポイッ!と放り込むと、動く物体に反応して超特急で突進して捕獲を試みるカマキリ(驚)!

動く生きものに敏感に反応するようです。

「ん!?うっひょぉー!生きものだぁ!ダダダァツ!どおりゃあー!シュババッ!」

カメムシを掴んで様子を伺うシーン

カメムシを掴んで様子を伺うシーン

「ギャハハ!久しぶりの獲物だキリ(笑)!腹ペコで死にそうだったキリ!ではいただき・・・ん!?」

「(( ´,,_ゝ`))クンクン・・・」

しょうがなくカメムシを捕食するシーン

しょうがなくカメムシを捕食するシーン

「(( ´,,_ゝ`))クンク・・・(汗)」

「( ≧Д≦)クッサー!!!」

多分、カマキリはこう言っているんだと思うんです(笑)。

ドラえもんの道具である翻訳こんにゃくを使ったら間違いなく昆虫語は訳されるでしょう(笑)。

なんと、カマキリは折角、私が捕まえて与えたカメムシをポイッ!

と投げ捨てたのです(笑)!あまりにも自然すぎて私はポカ~ン・・・

としてしまい、直後に大爆笑していましました(笑)!

「ゴルァ(;`ー´)ノ!クソ人間めぇ!こりゃ昆虫界でも屈指の嫌われ者のカメムシじゃねえか!舐めとんかワリャ(怒)!こんな臭い奴を食べるぐらいなら餓死して死んだ方がマシだキリ!」

くぅ~なんてワガママで身勝手な昆虫なんだろう、と私は思いました。

しかし、こいつにはゴキブリを捕まえるまで生きていてもらわないと困るのです。

ということで別のエサを探しに私は外へ出掛けたのです・・・。

で、ちょうど外に出た時、運悪く!?

私の目の前をふんふふーんと通り過ぎた蛾!?がいました。

私は躊躇なくそれを捕まえました。

そして、カマキリの待つ虫カゴへ移したところ・・・

蛾を捕まえて与えた様子

蛾を捕まえて与えた様子

「イヤッホー!そうそうコレだよコレ(笑)!やっぱカマキリは蝶々を食べないと様にならないからね(笑)!しかも美味え!ムシャムシャ」

エサを与えてくれた私へのお礼など一切なく獲物に一直線に襲いかかるカマキリ。

蛾を捕まえて与えた様子

蛾を捕まえて与えた様子

「このムシャ、羽がちょいと邪魔だけどムシャ、まぁ文句を言ってる場合じゃムシャ、2日ぶりの飯だもんなムシャ」

パキッ!メキッ!という貪る音が人間にも聞こえるほど豪快に食べまくるカマキリに感動すら覚えます・・・。

夢中になって蛾を食べるカマキリ

夢中になって蛾を食べるカマキリ

「ブヒーッ!美味え!いや違、キリキリーッ!大好物のチョウチョ美味いキリーっ!」

夢中になって蛾を食べるカマキリ

夢中になって蛾を食べるカマキリ

「ん!?なんだよ、なにを期待してんだよ!?ちっ(舌打ち)、しゃあねぇなチンケな人間のくせに、オラよ」

「まいう~(*´~`*)」

「これが欲しかったんだろ?これで満足したか?ならもう邪魔すんじゃねえよ(怒)」

カメラに気付かないほど食事に集中

カメラに気付かないほど食事に集中

「バリッ!ボリッ!ムシャムシャ!なに見てんだよ!」

必死で空腹を満たすカマキリ

必死で空腹を満たすカマキリ

「ギャハハ美味え!久しぶりのご馳走だキリ!こんなん自分でも捕まえるの大変だからな」

必死で空腹を満たすカマキリ

必死で空腹を満たすカマキリ

「ブンブンっ!羽の鱗粉がカマに付いて邪魔、ブンブンっ!」

カメラに気付いてカメラ目線になる

カメラに気付いてカメラ目線になる

「昆虫の食事風景がそんなに珍しいのか!?グルメレポーターにでもなろうかなムシャムシャ」

カメラに気付いてカメラ目線になる

カメラに気付いてカメラ目線になる

「それにしてもなんでこんな場所に監禁されてんだろうな・・・ゲップ」

カメラを気にしながらも食べ続ける

カメラを気にしながらも食べ続ける

「そんなことよりまず腹ごしらえムシャムシャ、腹が減っては戦はできぬって虫たちの間でも常識だキリ」

カメラを気にしながらも食べ続ける

カメラを気にしながらも食べ続ける

「それにしても、はむにゃむやぐむ、美味い(笑)」

カメラを気にしながらも食べ続ける

カメラを気にしながらも食べ続ける

「で!?この後はどうすんのさよ!?まさかカマキリをペットにするつもりじゃないだろうキリ?」