蚊は服の上からでも血を吸う。蚊の能力を献血で活かせたら社会は良くなる!?

衝撃の事実を告げてもよいでしょうか?

かなりのダメージを食らうかもしれませんが、これは事実なのです。

目をそらさずに向き合って、そして対処してください。

自分と、大事な家族の健康を守るためにも・・・。

「ギャ~( >д<)ノ」と決してパニック状態に陥ってはいけません。

それを見た周りの人がパニックになってしまいますからね。

その事実とは、今話題のデング熱などの恐ろしい伝染病を媒介する昆虫「蚊」に関する情報です。

チャンピオンであるゴキブリの、害虫の王様の地位を虎視眈々と狙っている存在だと巷ではウワサらしいです(汗)。

いや、実際には既に実害のカテゴリーでは圧倒的なチャンピオンだそうです・・・恐ろしい昆虫である・・・(汗)。

で、その蚊に関するとある恐ろしい事実とは・・・なんと・・・、

『蚊は服の上からも血を吸うよ』

「・・・ギャ~( >д<)ノ」

え!?マジで?  はい、マジです(笑)。

というか我が家では2日に1回は着衣の服の上からでも蚊に血を吸われるので、もう諦めて半袖・半ズボンで過ごしています(笑)。

つまり、私たち人類は、地球上で完全無欠の最強の存在であるという驕った考えは、

蚊からすると下のイラストのように妄想ではないのか!?と考えられるのです。

裸の王様のイラスト

裸の王様のイラスト

『ケッケッケッ、人間なんてみな裸の王様さぁ~!』

そう、蚊からすると、

たとえ服を着ていようがいまいが大半の人間は裸の王様のごとく血を吸い放題!?

な状態だと見られていると思います。

ただし、何枚も重ね着した状態ではさすがの蚊でも太刀打ちできません

薄着の状態で衣服と肌が密着した箇所ならば、布を貫通して血を吸い上げることも蚊は可能だ!ということです。

スポンサーリンク

人間の意外な場所からも血を吸う恐怖のヴァンパイア!

爪の根元・指先から血を吸う蚊

爪の根元・指先から血を吸う蚊

ええと、実際に服を着た状態でその上から血を吸う蚊を撮影しようという試みを実行に移そうと思ったのですが、あまりにも暑くて私自身が長袖を着ることが我慢できない(笑)。

どうしようか悩んでいた時、目の前をぷぅ~ん、と飛んで私の手の上をウロウロと徘徊し、指先の爪の根元へ着地。そのままヨチヨチと歩いて物色、そして血を吸い始めたのです・・・。

お腹いっぱいに血を吸った状態の蚊

お腹いっぱいに血を吸った状態の蚊

そっとカメラを用意する数十秒の間にお腹が膨れるほど満タンに血を吸い上げる蚊

以前にも記事にしたとおり、蚊がお腹いっぱいに血を吸う時間は1分も要しません。いえ、30秒も要しません。

私が目の前で数えた結果、20数秒で満腹に血を吸い上げて飛び立っていきます。

拍手を送りたいほど素早い手際に見とれてしまいました。

あっという間の出来事で、現代に忍者という称号を与えたいぐらいです。

しかし、私の血液をタダでくれてやるわけにはいきません。

奴らはお金を落としていくわけでもなく、痒みだけを置いていくのです。昆虫界の置き引き野郎ですよ。

ということで、はい、お駄賃が払えないならそれなりの代償を。うし!飛び立とうという瞬間を狙って・・・ホあぁ、

バチコーン(○゚ー゚○)=○)゚O゚)!

叩いて殺した蚊と飛び散った血液

叩いて殺した蚊と飛び散った血液

『うげぇぇ』と言ったかはわかりませんが見事に仕留めました。

置き引きの現場が血で汚れています。血液泥棒は許さないぞ!

叩いて殺した蚊と飛び散った血液

叩いて殺した蚊と飛び散った血液

蚊って思いもよらない人間の部位からも血を吸うことも知っていたほうがいいでしょう。

耳、まぶた、足の裏、とりあえず血が流れている箇所なら喰らいついて吸い上げるようです。

叩いた側の手が血で汚れた状態

叩いた側の手が血で汚れた状態

叩いた側の手も自分の血、返り血!?で汚れています。

で、私ふと考えたんですけれどね、いつの間にか痛みも与えずにこれだけの血を吸い上げる蚊。

その蚊の能力を活用して献血に活かせば血が足りない!という現状は良くならないだろうかって。

今までに一度だけ、私も献血をしたことがありますが、終わった後、もう二度とやらないと思いました。

なんで?それは痛みと恐怖が予想以上だったから(笑)。はい、根性なしです。

献血をやらない人の大半って血がモッタイナイから、ではないと思います。ほとんどの方が怖いからだと思うんですよね。

まぁ私が献血をしたのがもう10年以上も前だから今なら針の太さや痛みも緩和されているかもしれないけれど。

蚊の吸い方を研究して献血に活かせば社会はもっと良くなるはず!?

恐怖の害虫からも人間界に役立つことを逆に吸い上げてやれ(怒)!

※実際に導入されてるかもしれません。長い間、献血なんて奉仕活動してないから・・・(恥)。