ゴキブリの驚異的な生命力に驚愕!食料と水がない環境で約1ヶ月も生き続けて死なない害虫の王様よ、香草ハーブのベッドでお眠りなさい(笑)

当初、記事のメインテーマはこうなる予定でした。

ゴキブリは香草ハーブを本当に嫌がるのか?

ホームセンターでみかけた”天然ハーブの成分でゴキブリよけ(ハッカ油?)”なる商品を知った私は、

お(✽ ゚д゚ ✽)!?それなら実際に香草ハーブの葉を(しかも摘みたて新鮮な)使ってゴキブリが嫌がるのか試してみようか

と思い立ったわけなのです。

そもそもハッカって何?と知らなかったので調べてみると

ハッカは全世界で栽培される多品種のハーブで、「Mint ミント」は英語、イタリア/スペインなどラテン語では「Mentha メンタ」、「ハッカ」は日本語です。

ハッカの種類|株式会社北見ハッカ通商http://www.hakka.be/knowledge/species.html

なるほど~

しかし、いつの間にか記事タイトルへと強引に引き寄せられていくわけなのですが、その経緯は読んでいただければわかります。

まずはゴキブリと香草ハーブの実験からご覧ください。

ゴキブリはハーブを嫌がるの?へー、じゃあ試してみよう(笑)。

チョキチョキ、と生えているハーブを空箱に摘んできましたよ、と。

約6種類の香草ハーブを摘んだ様子

約6種類の香草ハーブを摘んだ様子

ミントの葉が入っているので、もしゴキブリが嫌がるなら

「ウオォォ!クセえ!めっちゃハーブ臭がプンプンして寝られねえよ!これじゃ睡眠不足で気が狂っちまうウオォォ!」

※管理人の妄想

と、香草ハーブのベッドで気が触れたゴキブリが二本足で立って歩き始めないか、と期待しているわけです。

が、ミントだけでは心もとないので他の種類のハーブも混ぜておきましょう(笑)。

まさか複数のハーブを組み合わせるとお互いが効能を消し合うとか漢方薬?みたいなことはならないでしょう。

姉妹サイト”蚊ってにしやがれ!”のハーブで蚊よけ?でも使用したミント、ユーフォルビアに、レモングラス、ヨモギ、ミラクルニーム、蚊不寄(かよらず)を加えた6種類の香草でゴキちゃんのベッドを造ってみます。

虫かごに香草ハーブを敷き詰める様子

虫かごに香草ハーブを敷き詰める様子

ちゃんと香りが立つようにハサミで切り刻んでフカフカな香草ハーブ・ベッドを作っていきます。

ベッドが出来上がったら、肝心のゴキブリに入ってもらわないと始まらないの、、、ですが、、、ゴキちゃん、いないじゃん、これじゃあ実験できない、、、あ、そうだ!ゴキブリんのウンチ糞で捕まえてたゴキちゃん、、、うっかり放置してたね、テヘ、、、たしかブログに投稿したのが4月12日、今日は5月31日、一ヶ月以上が経ってるね、水も食べ物も与えてないからきっと干からびた屍になっちゃってるね、はあ、しょうがない、夜になったら捕まえるか、、、トボトボ、、、

と、一ヶ月以上も放置していた容器を手に取った時でした。

ギャッ!

ハーブを移し替える間、一時避難してもらった幼齢ワモンゴキブリ

ハーブを移し替える間、一時避難してもらった幼齢ワモンゴキブリ

生きてた(笑)

い、生きてました・・・(汗)。

聞いたことありませんか?ゴキブリは水がなくても2,3週間は死なずに生きる、都市伝説だと思っていた私がひっくり返って死ぬかと思いましたよ!だって、それ以上だった(笑)!

先月投稿した記事の中で登場する同一ゴキブリなのですが、「は?どうせ別のゴキブリだろ?」と疑われているのでしょう、しかし、そんなゴキブリウンチより臭そうなウソなんか私はつきません!

よく見てください、下の写真と上の写真、どう見ても同じゴキブリでしょ?

※写真を注視して気分が悪くなっても一切の責任は負いません。また、1ヶ月分の成長は各自の脳内でイメージ補完してください。

幼齢の害虫ワモンゴキブリが排泄した小さな糞・ウンチ

幼齢の害虫ワモンゴキブリが排泄した小さな糞・ウンチ

[画像]ゴキブリの糞・ウンチを部屋で発見したら注意!喘息などアレルギーの原因や乳幼児の誤食で食中毒などの原因に?掃除の際はマスク着用で!

はい、ここで記事のメインテーマがすり替わりました。

香草ハーブでゴキブリは弱るのか?なんてチャンチャラおかしいですよね、だって、水も食べ物もない環境で1ヶ月以上も生きるゴキブリがハーブなんかで狂うなんてありえなくない!?と私は発狂しそうになったのです(笑)!

※私は商品をディスってるわけじゃありませんよ、驚異的な生命力を誇るゴキブリにただただ驚いてるだけです!

さて、改めて紹介しましょう、ワモンゴキブリ(幼齢)の登場です!パチパチパチッ~!

※容器は野外に置いてあり、大雨で強風が吹けば隙間から雨が入り込んでくるでしょう。しかし、そんな雨が過去1ヶ月に1,2日あったかどうか、また食べ物なんてゼロに等しいでしょう。恐らく、脱皮した皮ぐらいでしょうか、ああ!溜まりまくってた糞を撮影するの忘れてしまったー!!!もう、テヘッ

スポンサーリンク

香草ハーブを敷き詰めた空間に幼齢ワモンゴキブリを移したら暴れ苦しんで発狂してひっくり返って死ぬの?

ハーブの香りが充満する虫かごへワモンゴキブリを移した瞬間

ハーブの香りが充満する虫かごへワモンゴキブリを移した瞬間

なんと!?香草ハーブ・ベッドにゴキブリを移した瞬間、隅に駆けて足をジタバタさせて逃げようとするのです!

足をバタバタさせ慌てた様子で角隅へ逃げようとするゴキブリ

足をバタバタさせ慌てた様子で角隅へ逃げようとするゴキブリ

フギャフギャワワワ!クッセー!ハーブくせえ!早くココから出してくれええー!と叫んでいる、のかは分かりませんが、またハーブが嫌なのか、それとも捕らえられたことが嫌なのか、それも分かりませんが、とにかく暴れまくっています!

足をバタバタさせ慌てた様子で角隅へ逃げようとするゴキブリ

足をバタバタさせ慌てた様子で角隅へ逃げようとするゴキブリ

体長ほどもある長い触覚をクネクネウネウネと振り回しながらバタバタもがくゴキブリ、決してハーブの上に寝っ転がって寛ぐことはありません!

足をバタバタさせ慌てた様子で角隅へ逃げようとするゴキブリ

足をバタバタさせ慌てた様子で角隅へ逃げようとするゴキブリ

さて、この後どうなったと思いますか?

A:ハーブのベッドに潜り込んで隠れる?

B:ハーブのニオイで発狂してひっくり返って死ぬ?

答えは、ゴキブリはハーブでは弱りも喜びもしなかったのです!

なんと、三日間、放置していたのですがゴキブリは平気な様子でハーブのベッドを歩き回っていたのです!

※ハーブは嫌だけどハーブが敷き詰められた環境だから逃げられない、だからしょうがない、という可能性も大。

その後、なんとゴキブリは子どもたちに見つかってしまい、「うえええ!なんで?なんで虫かごにゴキブリがいるの?なんで?葉っぱ!たくさんの葉っぱ!おかあさーん見てええ!」と連れ去られ、このブログ自体を家族に秘密にしている私はどうすることもできず・・・虫かごは行方不明となっています。

っていうかさ、そんなのどうでもよくて、

ゴキブリ、エサも水もない環境で1ヶ月死なずに生き続けるって不死身だろ!アンタ、害虫の王様の称号を与えちゃうよ!