カメムシ以上の悪臭・刺激臭を放つ恐ろしい病気「歯周病」は歯磨きとデンタルフロスで撃退せよ

臭い匂いを放つカメムシ

臭い匂いを放つカメムシ

我が家の庭で撮った一枚の写真です。青々とした緑色の葉の上で優雅に寛いでいるカメムシです。なんてことない、ごく普通に見られる光景です。カメムシ以外にも昆虫がありふれています。

ただ、このカメムシ、まれに屋内に侵入してくることがある。侵入経路は窓や網戸の隙間だったり、洗濯物と一緒に取り込んだり、だと思われます。そんな時に事件が起こるんです。

カメムシがいるとは知らず、時に手に触れてしまったり、踏んづけてしまったり。すると、強烈な匂いを放たれることがあるんです(T_T)。

これが卒倒しそうなほど、吐き気をもよおすほどの臭さで鼻がひん曲がりそう・・・。そして最近、カメムシの臭さと同レベルに臭い匂いに気付いたんですよ。

あの夢にまで出てきそうな悪臭と似たような臭いって、なんでしょうか、分かりますか?

それは、

人間の口臭・・。

( ´・ω・)超くさー

そして、何を隠そう、その激臭を放つ原因は・・・私の父親の口の中(笑)

昭和の名テレビCMを覚えているでしょうか?入れ歯洗浄剤ポリデントだったでしょうか、

『おじいちゃんお口くさ~い』です。

そろそろ、孫も気付き始めているのか、正面切ってオシャベリをしなくなってきたような(笑)。

子どもって案外気を使うの知ってますか?ズケズケとハッキリ、モノ言う子どもって意外と少ないんです。時に、子どもなりに我慢して耐えることもあるんです。

しかし、自分のおじいちゃんの口臭を耐える孫を見つめる悲しさったら・・・。涙が溢れてきます(笑)。

というか、年配のおじいちゃんに限らず、私達が暮らす社会って、口臭持ちが本当に多い。見た目を気にする前にお口の匂いを気にして欲しい

私は本気で父親を「人間カメムシ」とか「口臭妖怪」とかアダ名を付けてやろうかと考えているほどです。もう害虫のこと気にしてる場合じゃないかもしれない。

しかし、実は私も以前は口臭持ちでした。口臭の厄介なところって自分で気づかないこと。あれだけ臭いのに不思議と自覚していない。なんでだろう。

私は正直を超えた毒舌の友人にハッキリと「お前、口が臭いよ」と告げられて気付いたんですが、その時に私がとった対応策が功を奏して口臭から脱出することができました。

もし、当ページを読んでいるあなたが、口臭があると自覚しているなら、今すぐにこの処置を始めたほうがいいと思います。人間カメムシと呼ばれないように・・・。

スポンサーリンク

動物でも吐き気を隠せないレベルの強烈なカメムシ

臭いで有名な昆虫のカメムシ

臭いで有名な昆虫のカメムシ

まさかですが、当ブログの読者にカメムシを知らない方は存在しないでしょうね?私のように、子供の頃にイタズラをして反撃された思い出、ないですか?

幼少の頃に素手でわし掴みにして怒ったカメムシが放つ悪臭にノックアウト。以来、ヘタに刺激することはなくなったような。ありますよね?

もし、カメムシを見たことも触ったことも、匂いを嗅いだことも無い、という方は下の動画をご覧ください。有名な動画なので知ってる人も多いはず。

カメムシの悪臭に吐き気を催す猫

室内に侵入したカメムシを前足で突っついて刺激し、放たれた刺激臭に悶絶して逃げる猫。どうですか?野良猫の糞尿被害に悩んでいるなら、庭にカメムシを大量に飼ってしまえば解決するかもしれませんね(笑)。

野良猫は、水を入れたペットボトルよりも、ネコ忌避剤よりも、園芸トゲトゲシートよりも、カメムシで撃退(笑)。

さて、殺虫剤を開発・販売する企業さん、新しい商品のヒントを提示したのでぜひ研究して商品に取り入れてみてください。

他にはこんな動画もありましたよ。

カメムシは自分のオナラで気絶するのか試してみた

こんなにも臭いカメムシですが、私は歯周病・歯槽膿漏の口臭も負けていないと思います。

日本は口臭持ちを減らせば人口増加、経済活性化も可能!?

悪臭を口から放つ段せう

悪臭を口から放つ段せう

数ヶ月ほど前に、虫歯を持つ子供たちが減っている、という新聞記事を読みました。虫歯に対する知識が浸透して歯磨きをする習慣が当たり前になってきたからでしょうか。

歯医者さんはコンビニと同じぐらいの数ですが、健康な歯を持つ人が増えると商売アガったり!?これからは虫歯治療よりも口臭対策や歯磨き指導に力を入れるかもしれませんね。

特に、口臭があると仕事の打ち合わせにも集中できないし、恋愛でもマイナスポイントになるし、これは夫婦仲でも重要なことではないでしょうか。

つまり、カメムシの臭さから強引な方向転換ですが(笑)、口臭を治せば日本社会は明るい未来が開けるんではないか!という展開の仕方なわけですよ、無理言っちゃってごめんなさい。

でもね、カメムシの臭さに困ったことよりも、私達人間どうしの口の臭さで困ることのほうがよっぽど多いのは事実だと思います。

ということで、何が言いたいのかというと、不快害虫カメムシから、日本の未来を明るくする提案を考えだすという難技を繰りだそうとしているのです(笑)。

歯ブラシとデンタルフロスで人間カメムシから回避せよ!

歯磨きをする老人

歯磨きをする老人

人間カメムシを回避する第一の方法は、まず 食後の歯ブラシ

食べたら磨く!磨かないなら食べない!ぐらいの強い気持ちを持って毎日を過ごしましょう!

歯磨きを怠ると、夫・妻、彼氏・彼女、親兄弟、孫・ひ孫、取引先、行きつけの居酒屋の可愛い店員、美容師など周囲から口臭いと嫌われちゃいますよ!?

歯医者で治療を受ける様子

歯医者で治療を受ける様子

歯磨きは呼吸と同じぐらい無意識に当たり前に行うとして、その前に、 虫歯治療! を完了しておきましょう。

可能ならば、1年に4回と季節ごとに定期健診を行い、虫歯が無くても歯石除去などのお掃除をやってもらいましょう。自分ではなかなか取れないんです。

また、歯磨きの指導を行ってくれる腕の良い歯科医を探すことも重要です。たしか、そんな素晴らしい歯科医院をNHKのプロフェッショナルで観たことあるな。NHKオンデマンドで観てみるとか。

歯間ブラシとデンタルフロス

歯間ブラシとデンタルフロス

私が一番にオススメする口臭対策、それは、 デンタルフロスor歯間ブラシ!

私の口臭の8割はデンタルフロスの習慣化で解決しました。これ、汚れの取れ具合が驚くほどビックリします(笑)。

ちなみに、私が愛用しているデンタルフロスは

※私の使い方は、40センチほど糸を出して両端を結び、大きな輪っかを作って歯と歯の間に溜まったカス・汚れをこそぎ落とす。口の中がスッキリします。

自分では完璧な歯磨き・ブラッシングだったとしても、歯ブラシでは落ちない食べ残しが歯と歯の間にこんなにも残っていたなんて!そりゃ歯磨きしても虫歯になるわ!と驚きました。

義務教育は英語に力を入れるよりも虫歯対策・口臭予防に時間とお金を注いだほうが日本の未来にとっては明るいと、個人的には思うんですけどねぇ・・・。