アシダカグモを1匹でも見たらゴキブリが30~100匹はいると思え?地球一の嫌われ者な害虫の天敵”軍曹”が出現の目印だ!

※注意!当記事では、虫の死骸を撮影した写真・画像を掲載しています。不快に感じて気分を悪くする可能性があります。自己責任で読み進めてください。

みなさん、

地球一の嫌われ者”ゴキブリ”の存在を姿を見ずに確認する方法があるのを知っていますか?

聞いたことありませんか?

”ゴキブリを1匹でも見たら30匹はいると思え!または100匹はいると思え!”

でも、他にもゴキブリの存在を教えてくれる印というか、方法があるのですよ、え?ウンチ糞?いえ違います。

それはですね、最強の天敵”アシダカグモ”(通称:軍曹)なんです!

あれは、晴天の日のことでした。。。

いや~、蒸し暑い日が続いているなあー(;´A`)アッチー。

そろそろ本格的に夏が訪れそうな予感!?いやいや、予感もクソもなくやってくるだろうよ、とイライラするほどの蒸し風呂状態の我が家です。

今年はまだエアコンの冷房、除湿機能を使っていませんが、もう我慢の限界です。

掃除をしたらスイッチを入れよう、というわけで水洗いしたフィルターを干すため外に出てみると・・・

(;´Д`)ん?

足元で無数の小さい虫がうごめいていました。

コンクリートの地面でアリが何かに群がっている場面に遭遇した

コンクリートの地面でアリが何かに群がっている場面に遭遇した

なんだろうか、なにやら群がっているようですが

あ(;´A`)・・・

仰向けになって死んでいる益虫の蜘蛛”アシダカグモ”に赤い蟻が群がっていた

仰向けになって死んでいる益虫の蜘蛛”アシダカグモ”に赤い蟻が群がっていた

アシダカグモー!

アシダカグモの死骸に群がる赤いアリたちだったのです!

赤い蟻の正体は世界の侵略的外来種ワースト100にランクインするアシナガキアリ

赤い蟻の正体は世界の侵略的外来種ワースト100にランクインするアシナガキアリ

この赤いアリ、以前に私の部屋から侵入を試みた恐ろしい虫なのですよ。いえ、人間を咬んだりはしないのですが、とにかくおびただしい数で侵入してくるのですよ。

※私が指で捕らえても噛まれなかった。シロアリは噛み付く(笑)

アシナガキアリの襲来はブログ記事にしているので読んでみてください、夜を徹して不眠不休で侵入を防いだ涙なしには読めない内容です(涙はウソよん)。

[前編]赤いアリの進撃!アシダカグモさえも襲う獰猛さ、アリ巣コロリを避ける賢さも備えた脅威の軍隊が人間に襲いかかる!?

部屋が乗っ取られる危機!果たしてその結果は・・・

[後編]戦慄の外来害虫”アシナガキアリ(蟻)”を迎え撃て!遂に人間VS昆虫の闘いに決着がついたか!?

はっ(*゚д゚*)!かなり脱線しておりますね(笑)、戻します。

ちょ、ちょっと待って下さい!あのですね、アシダカグモが出てきたということは、それはつまり、、、

ゴキブリも出てきたってことですよね!?

捕食対象であるゴキブリがいるからアシダカグモもいる、遂に今年もやってきたのです、ゴキブリ・シーズンの季節があああ!!!

スポンサーリンク

アシダカグモを見たらゴキブリが30~100匹はいると思え!新たなウワサ・雑学ネタ?都市伝説を提唱するぞ!

冒頭の

”ゴキブリを1匹でも見たら30匹はいると思え!または100匹はいると思え!”

ってことは、ゴキちゃんを食べるアシダカグモがいるからゴキちゃんもいるだよね!ってこと。

ありがとうアシダカグモさん、体を張って私に伝えようとしたんですよね、安らかにお眠りください・・・

大群でアシダカグモの死骸を解体作業するアシナガキアリ

大群でアシダカグモの死骸を解体作業するアシナガキアリ

それにしても、アシナガキアリの解体作業は連携が素晴らしいですねえ、

信じられないですよね?

アシダカグモといえば、害虫ゴキブリの最強の天敵であり捕食者、そのコワモテな風貌から軍曹とまで呼ばれるのに、小さなアリに解体されてしまうなんて・・・

「何いってんだよ、だってホラ、死んでんじゃんよ」

死んだ虫をエサにするアリ、という自然界では当たり前の光景ですよね。

ところが、信じられないでしょうが、アシナガキアリは、たとえアシダカグモが五体満足で生きている状態でも襲ってくる凶暴な蟻なのですよ!

信じられないですよね?

その証拠をご覧ください。

”アシダカグモ”さえも恐れる天敵はゴキブリじゃなく蟻(アリ)だった(´゚д゚`)!?まさか外来種のアルゼンチンアリ!?

つまり、

アシナガキアリ > アシダカグモ > ゴキブリ

なの???

とにかく、

アシナガキアリはヤバい!存在であり、

アシダカグモはゴキブリ出現の目印となる、

ということは確かだと私は考えます。

仰向けにひっくり返って息を引き取ったアシダカグモに群がるアシナガキアリ

仰向けにひっくり返って息を引き取ったアシダカグモに群がるアシナガキアリ

いやーしかし、アシダカグモの牙ってまさしくハンター!って感じですね。

毎回アシダカグモを見ると、プレデターを思い出すのです。

映画「プレデター」の地球外生命体ハンター

映画「プレデター」の地球外生命体ハンター

似てませんか(笑)?

ゴキブリを狩るために宇宙から送られてきた刺客・ハンターがアシダカグモ、人間が寝入った夜に繰り広げられる戦い、なんていう妄想を夜な夜な一人で楽しみながら酒を飲む、日本にそんなヒトがどれだけいるでしょうか(笑)。

腹部の先端(お尻?肛門?)から食い進むアシナガキアリ

腹部の先端(お尻?肛門?)から食い進むアシナガキアリ

おっと、そうこうしている間にもアシナガキアリはアシダカグモの解体を黙々と進めるのであります。

次々と現れて食らいつく赤い蟻(アシナガキアリ)

次々と現れて食らいつく赤い蟻(アシナガキアリ)

画像を見る限り、獰猛そうな蟻ですが、それでも、アシナガキアリが人間を噛むようなことは(恐らく)ないでしょう。家屋内に侵入してくることはありますが。

次々と現れて食らいつく赤い蟻(アシナガキアリ)

次々と現れて食らいつく赤い蟻(アシナガキアリ)

この赤い蟻(アシナガキアリ)が姿を見せるようになってから、植物に白い虫ミカンコナカイガラムシが大量発生するようになったのです(*゚д゚*)。

アシナガキアリが世界を侵略する!?生態系を破壊する外来種をテーマにした動画がすんごく怖い…

http://www.retrogadgeter.com/2014/06/blog-post_3.html

生態系を狂わせるだけじゃなく、(植物)人間にまで害を及ぼす危険なアリなのかもしれません。

世界の侵略的外来種ワースト100

邪魔な相手を見境無く攻撃するため、攻撃を受けた生物は仔や卵を殲滅されたりして絶滅に至り、侵入地域の生態系が貧弱化する。またカメムシ目吸汁昆虫を保護する習性があり、間接的に農業害虫となる。本種は当リスト中の熱帯産アリの中で最も分布が広い。被害が大きいのは太平洋やインド洋の離島で、クリスマス島では固有の鳥類や特産のアカガニの絶滅が危惧されている。

https://goo.gl/TRmeDm

あれ?アシダカグモとゴキブリがメインだったはずなのに、いつの間にかアシナガキアリが主役になってる、やっぱり恐ろしい昆虫に違いないです(笑)!